SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

北陸銀行と北海道銀行、MEJAR参加行とのサステナビリティ分野の商品・サービスに関する連携を発表

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 ほくほくフィナンシャルグループの北陸銀行と北海道銀行は、基幹系システム「MEJAR」を共同運営する、コンコルディア・フィナンシャルグループの横浜銀行と東日本銀行および七十七銀行とともに、サステナビリティ分野の商品・サービスに関する連携協定「MEJARサステナビリティソリューション連携」(以下、本連携協定)を締結したことを発表した。

本連携協定の趣旨・目的

  MEJAR参加行は、これまでデジタル技術を活用した各施策を協働で推進するデジタル推進プロジェクト「MEJAR Digital Innovation Hub(MDIH)」の設立や、サイバーセキュリティに関する情報交換・共同訓練などを目的とした「MEJAR-CSIRT」の組成等の連携施策に取り組んできた。

 社会・環境問題への意識の高まりを受け、地域金融機関にはサステナビリティ分野におけるソリューション等の提供が一層求められており、各行では顧客企業の脱炭素化支援などに積極的に取り組んでいるのだという。

 本連携協定では、MEJAR参加行は、サステナビリティソリューションなどに関する情報の共有や、商品・サービスの高度化に向けた連携を通じて、それぞれの顧客企業のサステナビリティ経営を支援していくことや、地域経済の発展に貢献していくことを目的に、本連携協定を締結した。

具体的な連携内容

  • サステナブルファイナンス:「サステナビリティ・リンク・ローン」や「ポジティブ・インパクト・ファイナンス」等のサステナブルファイナンスに関する事例・情報の共有、商品導入に向けた連携、評価機関の共同活用など
  • 行内外への啓蒙活動:行員向けの研修・教育コンテンツの共有や、外部向けセミナーの共同開催、外部コンサルの共同発注など
  • 脱炭素関連ソリューション:温室効果ガス排出量の可視化支援や削減に向けたソリューションに関する情報の共有、脱炭素にかかる専門業者に関する情報共有など

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング