SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

モノが買えない時代の「サプライチェーン優先経営」

サプライヤとの関係を強固にする「サプライヤ・モチベーション・マネジメント」とは? 実践メソッドを紹介

【第3回】

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

「1on1ミーティング」:サプライヤとの“双方向”な関係を築く

 1点目の手法は、「“1対1”の関係づくり」である。多くの企業では、年度当初の方針説明会など、サプライヤとのコミュニケーション機会は、“1対n(複数)”の場合がほとんどで、1対1のコミュニケーションは短時間のご挨拶などが中心となっている。そのため、バイヤー企業側からの情報提供や、依頼事項の伝達などに終始しがちとなる。

 このような従来型のサプライヤミーティングでは、十分な課題共有や双方向での改善推進などは困難だ。そこで、コミュニケーションの在り方を見直すべく、1対1のコミュニケーション機会を定期的に実施する企業が増えてきている。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
モノが買えない時代の「サプライチェーン優先経営」連載記事一覧
この記事の著者

野町 直弘(ノマチ ナオヒロ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング