Biz/Zineニュース

琉球インタラクティブ、短期集中・無料のスキル習得プログラム「スキルキャンプ」を開始

「Ryukyu Startup Challenge」の一環として展開

 琉球大学産学官連携推進機構と琉球インタラクティブ(沖縄県宜野湾市)は、「Ryukyu Startup Challenge」の一環として、県内大学生・専門学生を対象にした短期集中・無料のスキル習得プログラム「Skill Camp」を10月14日(水)から開始する。

[公開日]

[提供元] entrepedia

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 沖縄県委託事業である「次世代アントレプレナー人材育成推進事業」の下、琉球大学産学官連携推進機構と琉球インタラクティブが協働で進めている「Ryukyu Startup Challenge」は、沖縄県の大学や専修学校などの学生に対し、県内の産学官が連携・協力し体系的な人材育成を実施することで、具体的な起業支援を進め人材の輩出を目指すアントレプレナー人材育成推進プログラム。

 「スキルキャンプ」は、実際にサービス開発を行うにあたって必要なスキルを獲得することを目的としており、ITスキルを身につけたい学生を対象に、短期集中型のプログラムを無料で提供する。

 プログラムコースには「Webデザインコース」と「エンジニアコース」の2種類を用意、クラスに常駐する講師のもと各自でビデオ学習を進めていくことで、成長を実感しながら必要なスキルを習得することができるという。

 その他、より実践的なスキルを習得するための機会として、業界の第一線で活躍するゲストを招いたセミナー「ゲストプログラム」を企画、今後開催を予定している。

 なお、スキルキャンプの参加・利用にあたっては、「Ryukyu Startup Challenge」の「ギルド」への利用登録が必要となる。

 「スキルキャンプ」のコース内容は次のとおり。

 ・Webデザインコース:Webデザインコースでは、デザイナーとマークアップエンジニアのスキルを習得。IllustratorとPhotoshopを使ってデザインスキルを、HTML5やCSSでコーディングを学習することで、受講者は前線でも活躍できるWebクリエイターを目指す。

 ・エンジニアコース:エンジニアコースでは、JavaScriptとPHP、Rubyのプログラム言語を習得。これらの修了した後は、Webサイト内で動的なページを作ることができるだけでなく、Webアプリケーションの開発などもできるようになり、受講者は市場価値の高いエンジニアを目指す。

 ・ゲストプログラム:ゲストプログラムでは、各テーマに応じて業界の第一人者を招きセミナー・勉強会を開くことで、実践的なスキルの習得を目指す。