Biz/Zineニュース

ブルーイノベーションとATRがドローンシステムの次世代型プラットフォームを共同開発

複数のドローンを遠隔で制御する技術に取り組む

 ブルーイノベーション(東京都千代田区)と国際電気通信基礎技術研究所(ATR、京都府相楽郡)は、ドローンシステムの次世代型プラットフォームを共同で開発することに合意した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] ロボット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 両社が開発するのは「複数のドローンを遠隔で制御する技術」で、将来、多くのドローンがさまざまな環境下で飛び交う上空の安全を確保するためのキーテクノロジーになるという。

 ブルーイノベーションは、ドローンの安全な飛行を支援するためのさまざまなプロダクトの開発を進めてきており、最近ではドローンの盗難防止、衝突防止、飛行データ管理の機能を含んだドローン安全飛行管理システムや飛行禁止エリアを識別できるドローン専用飛行支援地図アプリを開発している。

 ATRは、ユビキタスネットワークロボット(UNR)プラットフォームを発展的に改良し、ブルーイノベーションと共同で複数のドローンを連携制御するための共通機能に関する基盤技術を開発し、これまで2次元上で培ってきた技術を3次元へも適用することをめざすとしている。

 今回の開発に当たり、ブルーイノベーションは「けいはんな学研都市ATRベンチャーNVCC投資事業有限責任組合」から出資を得て事業を推進するという。