SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Design×Management=Innovation

「H型人材」に必要な6年ごとのキャリア転換、組織としての「タスク型ダイバーシティ」

『ビジネススクールでは学べない 世界最先端の経営学』刊行記念 特別対談 第2回

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

社内の情報共有や意思疎通は、企業の製品・サービスによって決まる

入山:
 「ドミナントデザイン」とは、会社の中の情報共有や意思疎通は、その会社が持っている製品やサービスの仕組みで決まってくる、という考えです。

 例えば、エアコンで、コンプレッサーとモーターが機能的に近いとする。すると、やはりコンプレッサー部門とモーター部門の人の関係が密になり、この2部門での情報の共有が進みます。一方で電源部門など、製品の構造上関係が希薄な部門の人とは、情報のやりとりが密にならないため、そこにアテンションが届かなくなってしまう。イノベーションは既存のアイデアの組み合わせで生まれるものなので、社内における情報の意思疎通、共有の仕方が硬直的だと、新たなアイデアが生み出せなくなってしまいます。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
Design×Management=Innovation連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング