SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

UX戦略フォーラム対談シリーズ

エクスペリエンス計測の専門家、ジェフ・サウロ氏が語るビジネスのためのUX

Measuring U ジェフ・サウロ氏 × 篠原 稔和氏 【前編】

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

原因と結果の因果関係の立証こそが基本姿勢

UXSF 2015 Fallでのジェフ氏の講演風景

篠原:今回のジェフの講演でも、この歴史にさかのぼって現況を捉えていこう、といった姿勢を強く感じました。たとえば、来日最初の講演「ユーザーエクスペリエンスの定量化:メソッド、ROI、そして NPS(Measuring The User Experience: Methods, ROI & NPS)」では、その冒頭で歴史上の出来事を引用しながら、UXメトリクスを測定してその先の活動につなげるプロセスのポイントを強調しましたね。

ジェフ:はい。そこでは、「調査したい事象や要因を数値化し、その因果関係を実証する」ということこそが重要である起源として、19世紀の医療分野における当時の医者と患者との関係が、現代の「UX専門家とインターフェース」との関係に当てはまるのです。19世紀に、ピエール・シャルル・ルイ博士は、それまで治療法として信じられていた「瀉血(しゃけつ)法」といって、人体の血液を外部に排出させることで症状の改善を求める、という方法の無効性を、数値的な手法を使って証明しました。博士は、根気強い計量と解析を続けることで、その無効性を実証したのです。すなわち、医師が行った処置が本当に正しいかどうか、を検証するためには、処方や処置の内容を定量化して、時系列に沿って経過を観察する、ということが欠かせなかったのです。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
UX戦略フォーラム対談シリーズ連載記事一覧

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング