タグ・ホイヤー、ブランド初のコネクテッドウォッチを発表

IntelおよびAndroid Wearと共同開発

 タグ・ホイヤーは、IntelおよびAndroid Wearと共同開発したブランド初のコネクテッドウォッチ「タグ・ホイヤー コネクテッド」を11月12日から国内発売すると発表した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 タグ・ホイヤーの時計をベースにしたデザインのケースには、グレード2チタンを採用し、わずか52gの軽量性と耐衝撃性を実現した。デジタルダイヤルは、3種類(クロノグラフ、GMT、3針)×3色(ブラック、ブルー、ホワイト)から設定できるほか、Androidアプリからのさまざまな情報はクロノグラフダイヤルの12時、6時、および9時位置にある3 つのカウンター内に表示される。ストラップは、黒に加え全7色(別売)で展開するという。

 Intel Atomプロセッサ Z34XXを内蔵し、Bluetooth、Wi-Fiなど数多くのコネクティビティオプションが利用可能だという。また、Android Wearが提供する多彩な機能を自在に操ることができ、Google Fit、Google Translate、Google Maps、ボイスコマンドの「OK Google」などの基本的サービス機能とアプリはあらかじめ搭載されている。

 4GBのメモリと日中のフル使用に耐える最新世代リチウムバッテリーを内蔵している。また、2年間の保証期間終了後には、1500米ドルでタグ・ホイヤーの自動巻き時計に交換することができる。

 今後、タグ・ホイヤーのオリジナルダイヤルやアプリも随時追加される予定だという。

 

■製品概要

  • 製品名:タグ・ホイヤー コネクテッド
  • 国内発売日:11月12日 ※エスパス タグ・ホイヤーほか全国20店舗で展開
  • 価格:16万5000円(税別)
  • 仕様:チタンケース、ラバーストラップ、ケース径46ミリ、日常生活防水