Biz/Zineニュース

デジタルハリウッド大学大学院、「MBAホルダーのためのWebサービス開発コース」開催

年末・年始の平日の夜4日間で学べるコース

 デジタルハリウッド大学大学院では、「MBAホルダーのためのWebサービス開発コース」を12月10日から開催する。このコースは、MBAホルダーまたはビジネススクール在籍者を対象とし、年末・年始の平日夜4日間で、簡単なアプリ制作を通じてプログラミング、プロトタイピングの基礎を学べるもの。

[公開日]

[著] BizZine編集部

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 講師は、デジタルハリウッド大学大学院でWebサービス開発の指導を行う山崎大助教員。世界で10人しかいないMicrosoft MVP(Bing Maps Development)の1人で、 多くのスタートアップ系エンジニアの養成実績を持っている。

 このコースは、デジタルコンテンツマネジメント修士、デジタルハリウッド大学院在籍生、および日経Bizアカデミー「MBA EXPO TOKYO2015 Autumn/Winter」で山崎大助講師の講義「Webサービス開発入門講義 ~『アイデア』は『実装』できる。新規事業に活かすテクノロジー解説~」の受講者も受講することができる。

 ■開催スケジュール

  • 2015年12月10日(木)20:00~21:30:DAY1「Web最先端情報&JavaScript基礎」(映像教材)
  • 2015年12月17日(木)20:00~21:30:DAY2「ミニゲームアプリ開発」(次回までの課題:ジャンケンアプリ)+年末懇親会
  • 2016年1月7日(木)20:00~21:30:DAY3「メモパッドアプリ開発」(次回までの課題: 機能追加)
  • 2016年1月14日(木)20:00~21:30:DAY4「ペイントアプリ開発」(次回までの課題: 機能追加)