SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

INNOSIGHT流イノベーションの興し方

「資本家のジレンマ」を解消する処方箋-“成長しない”イノベーションに気をつけろ!

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

ファイナンス理論が機能する「合理性の前提」を疑う

 ここで考えないといけないのは、ファイナンス理論の合理性の前提となっている「将来予測の確実性」と「投資対象の有限性」である。

1:将来予測の確実性

 NPVが計算できるのは、将来の売上が予測できる場合であり、その収入が得られる期間も予測できるときである。多くの新規事業は予測ができても不確実性が高い。下ブレもあるが、上ブレの可能性もある。同様に、収入が得られる期間は長いが不確実な新規事業と、短いかもしれないが確実な既存事業という関係がある。いずれにしても、精度の高いNPVと精度の低いNPVを同じ指標だからといって比較していることになる。事業の「種」と「果実」を同じ価値観で比べることはできない。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
INNOSIGHT流イノベーションの興し方連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

津田 真吾(ツダ シンゴ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング