Biz/Zineニュース

デジタルハリウッドとリクルートキャリアがプロのエンジニア養成コースを4月開講

“即戦力としてWeb系企業で活躍できる職業エンジニアを目指す”コース

 デジタルハリウッド(東京都千代田区)が運営をするエンジニア養成スクール「ジーズアカデミーTOKYO」では、リクルートキャリア(東京都千代田区)とともに、職業エンジニアとなれる「全日集中プロ養成コース」を2016年4月より開講する。リクルートキャリアの展開する「CodeIQ」「CODE.SCORE」「リクルートキャリアのエージェントサービス」と連携し、入学から卒業まで一貫した特別な就転職システムを提供するとしている。

[公開日]

[著] BizZine編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新たにスタートする「全日集中プロ養成コース」は、これまでの週末型「DEVコース」が“起業志望者がWebサービスやアプリを開発する基本技術を身につけ、起業アイディアの実現を目指す”コースなのに対して、“即戦力としてWeb系企業で活躍できる職業エンジニアを目指す”コースとして、Webサービスを立ち上げるだけではなく、プロのエンジニアに必要なより幅広い知識と技術を身につけるコースとして設計したという。

 「ジーズアカデミーTOKYO」は、「セカイを変えるGEEKを養成する」をコンセプトに2015年に開校。数多くのIT企業の協力により一流のメンターが揃い、平均年齢28.3歳という意欲の高い若い社会人に支持を受け50名の定員に対し400名以上の応募があったという。また、入学者の80%が起業志望者なのも特徴だとしている。

 現在は第3期まで全て満席開講で、150名のメンバーを要する起業とエンジニアのコミュニティに成長したという。そのような中、4月には「全日集中プロ養成コース」を開講することになったという。

 リクルートキャリアの展開する「CodeIQ」「CODE.SCORE」「リクルートキャリアのエージェントサービス」のうち、特に「CODE.SCORE」のプログラミング力のスコア評価をカリキュラムに導入することで、就職に必要なスコアを取得できるまで無償で在籍できる「スキル保証制度」を実現した。

 そして、スコア評価を元にリクルートキャリアのプロのキャリアアドバイザーが就職・転職のサポートを行うという。学内での就職ガイダンスなども定期的に実施し、プロのエンジニア教育をより効果的に実施していくとしている。

 ■全日集中プロ養成コース概要

  • 開講:2016年4月
  • 期間:8か月(週4回×4か月+[週1回授業+週2回の個別指導]×2か月+卒業制作2か月)
  • 会場:デジタルハリウッド駿河台キャンパスおよび表参道新校舎
  • 定員:40名
  • 授業料:入学金10万円 授業料65万円
  • 対象:初心者
  • 入試:面接
  • 募集期間:2016年1月5日~3月31日