メタップス、新しい金融サービス創出をめざし「SPIKE Fintech Platform」を提供開始

日本最大規模の決済プラットフォーム「SPIKE」を活用

 メタップス(東京都新宿区)は、同社が提供する日本最大級の20万登録事業者数を誇るオンライン決済プラットフォーム「SPIKE」を活用した「SPIKE Fintech Platform」の提供を開始した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 金融機関や事業会社は、「SPIKE Fintech Platform」を活用・連携することで、さまざまなサービスをより強力なソリューションとして展開することが可能だという。また、従来の煩雑な手続きをテクノロジーにより解決し、低コストかつスピーディーに多様な商品・サービスを提供することが可能となり、金融機関や事業会社のビジネスを強化するとしている。

 「SPIKE Fintech Platform」は、「SPIKE」の20万以上の登録事業者に対して金融機関や事業会社が共同でサービスを提供できる仕組みだという。プラットフォームにサービスを提供する金融機関や事業会社は、「SPIKE」の事業基盤を活用することで顧客開拓コストを削減することができ、登録事業者は煩雑な手続きなしにさまざまなサービスをワンストップで利用することが可能になるという。

 発表では、「SPIKE Fintech Platform」を使ったパートナーシップとして次のような例をあげている。

  1. インフラ:銀行システムとのデータ連携をAPIで実現
  2. 決済・送金:セキュアで利便性の高い決済・送金サービスを開発
  3. 融資・貸付:販売実績をもとにした与信付与で迅速な融資や貸付を実現
  4. 保険:取引実績や登録データをもとにした新しい保険商品の開発
  5. リース:事業に必要な機材を簡単に申し込めるリースの提供
  6. カード:仮想通貨や優待などを絡めた新しいカード商品の開発