SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineプレス

Watson日本版が登場。大銀行から起業家まで「API活用」「コーパスの蓄積」が優位性の条件。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

「コーパス」の蓄積が優位性をうむ

 今回発表された6つのWatsonのAPIは、日本語による言語への依存の高い課題領域に効果をもたらす。これまでグローバルなテクノロジーだったWatsonが今後日本の市場に受け入れられるには、やはり日本語による各業種の「知見」を蓄積していくことが必要となる。 こうした蓄積される知見を、IBM執行役員の吉崎敏文氏は「コーパス」と呼ぶ。

 日本語APIによって、ユーザーが自然言語で語り、それに対して回答を与えフィードバックしていくことで蓄積される「知見」と「コーパス」は企業の優位性を大きく左右すると吉崎氏は言う。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
Biz/Zineプレス連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

京部康男 (Biz/Zine編集部)(キョウベ ヤスオ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング