SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

ビジネスアーキテクト養成講座

利益を生み出すビジネスモデルに共通する「財務構造」

第14回

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

「収益モデル」は“何の権利を販売するのか”

 収益モデルとは、価値提案の対価として金銭を獲得する方法を表すものです。新しいビジネスモデルを考える際、何のオファーに対して誰に対価を請求するかをデザインすることは非常に重要ですよね。たとえば、アドビ社はPDFファイルを見るだけの人には無料でソフトウェアを提供し、それを作成する顧客にのみ使用料を請求しています。これらは、価値提案とターゲット顧客で定義されているはずです。

 収益モデルの重要な属性として、「何の権利を販売しているのか?」を最初に定義することにします(図表4)。これには、所有権の移転(多くのメーカーや小売業)、利用権の供与(レンタルやライセンス販売、ホテルや旅客業など)、役務の提供(例.床屋や人材派遣をはじめとする多くのサービス業)、取引の仲介(不動産や株式ブローカーなど)、広告の5つのタイプに分類することにします。

収益モデルの定義と属性図表4.収益モデルの定義と属性

 ここで、MITスローンスクール(マサチューセッツ工科大学ビジネススクール)によるビジネスの構造的な分類をご紹介しましょう。MITでは、ビジネスモデルを「販売される権利は何か?」、「必要とする資産は何か?」という2つの軸によって整理しています(図表5)。

販売する権利のタイプによるビジネスの分類図表5.販売する権利のタイプによるビジネスの分類

 縦軸は、販売される権利によって4種類の事業者タイプを示しています。創作者は、資産の所有権を販売者に販売する一方、販売者はさらなる買い手に再販売します。地主は資産の所有権ではなく利用権を買い手に販売します。仲介者は資産の所有権を持たず、売り手と買い手を仲介することにより手数料やコミッションを獲得します。

 横軸は、販売される資産(または経営資源)の4つのタイプを示しています。この4×4の組合せにより、16種類のビジネス形態が示されています。ビジネス目的での人間の製造と販売は多くの国で禁止されていますので、正確にいえば14種類です。もちろん、複数のタイプを兼ね合わせた企業も存在することになります(IBMは、創作者であると同時に販売者や地主でもあります)。

次のページ
最終的な利益に最も影響を与える「プライシング」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
ビジネスアーキテクト養成講座連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

白井 和康(シライ カズヤス)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング