Biz/Zineニュース

ビジネス・ブレークスルー、BBT大学大学院アントレプレナーコース(MBA)を開設

アタッカーズ・ビジネススクール(ABS)は20周年

 ビジネス・ブレークスルーは、BBT大学大学院アントレプレナーコース(MBA)を4月から開設した。また、2016年度はアタッカーズ・ビジネススクール20周年にあたり、資産形成力養成講座も10周年の節目となる。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 人材教育 ビジネススキル

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 4月から新たに開講したアントレプレナーコースは、日本経済の活性化のために新しい価値観を創出し、持続可能な経営を実現することで独自の経済圏を作り出すことのできる起業家を輩出することを目的として、BBT大学大学院経営学研究科に新設された。

 このコースでは、BBTが運営する起業家養成スクール「アタッカーズ・ビジネススクール(ABS)」の20年に及ぶ実績を裏付とした、起業に関する理論と実践を本格的に学ぶことができるカリキュラムを提供するという。

 体系的な経営の学習に加え、起業に必要な知識、スキル、マインド、さらには事業を構想し、起業し、持続的に発展させる上で極めて重要な素養となる「人間力」や「倫理観」など、従来のビジネススクールがカバーしてこなかった領域についてもカリキュラムの主軸として位置づけている点が特徴だとしている。このコースでは、新しい価値や事業の創造を通して日本経済の活性化に貢献できるMBA人材の育成を目指すという。

 このコースでは、学生の具体的な行動を促す課題(経営者へのインタビューや競合調査の実施等)が課せられるなど、学生の主体性を高めるための活動が多く含まれているという。さらに、ビジネスプラン作成の過程においては、ビジネス経験豊富な教員やティーチングアシスタント(TA)たちとディスカッションする機会を持てるように工夫されているという。

 カリキュラム構成も、マーケティング、財務といった従来の縦割り型ではなく、起業家としてのリーダーシップ、アンビション、構想力、行動力などを有機的かつ徹底的に習得できるよう考慮して設計されている。さらに、起業の実行フェーズにおいては、担当教授陣の人脈をフルに活用して、親和性の高い企業や経営者、事業パートナーなどを具体的に紹介するサポート体制も整えていくとしている。

 また、アタッカーズ・ビジネススクール(ABS)は、1996年の開講以来に20周年を迎えた。社会に対し絶えず新たな価値を創り出せる人材を要請することをミッションとしているABSでは、自分に足りない起業までのスキルを補ったり、強みをさらに伸ばしたりするための講座を、スキルごとに提供してきたという。

 事業コンセプト力、ビジネスモデル構築力、起業家としてのコミュニケーション力、戦略力、計画力などの講座があり、通学型、オンライン型の2パターンで実施している。特に、通学型では、集合研修等で仲間とともに切磋琢磨できる点もABSの特徴の1つだとしている。