SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

ビジネスアーキテクト養成講座

ミッションは顧客への提供価値をベースに表明する

第22回

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 前回まで3回にわたってビジネスの動的な側面についてご説明してきましたが、テーマをモチベーションモデルの構成要素に戻すことにしましょう。今回のテーマは「ミッション」です。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

3人のレンガ職人の寓話

 3人のレンガ職人が道端で働いていました。通りかかった男が3人に、「君たちは何をしているんだい?」と質問をしました。1人目は「レンガを積んでいるのさ」と答えました。2人目は「時給をもらうために働いているのさ」と答えました。最後の3人目は次のように答えました。「もちろん、大聖堂をこしらえているのさ」。

 ご存知の方も多いかと思いますが、ミッションやビジョンが語られる際に、この寓話はよく引き合いに出されます。今回は、「ビジョン」とともにモチベーションモデルの最上位に位置するビジネス要素である「ミッション」について取り上げていくことにしましょう。

モチベーションモデルの4つの柱を振り返る

 まずは、モチベーションモデルの4つの柱の復習からスタートしていきましょう(図1)。前回まで、5回にわたってモチベーションモデルの影響要因とアセスメントという2つの柱についてご説明してきました。「影響要因」とは、事業体のビジネスに影響を与える可能性のある要因でした。一方、「アセスメント」とは、その影響要因の判定(機会や脅威、強みや弱み)でしたね。

 今回から、ビジネス計画としてのモチベーションモデルの中核となる2つの柱である「目的」と「手段」について触れていきます。一言で表現すれば、「目的とは達成したいコトであり、手段とは目的を達成するために採用されるモノ」です。

モチベーションモデルの4つの柱図1:モチベーションモデルの4つの柱

次のページ
ビジョンは「未来」、ミッションは「現在」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
ビジネスアーキテクト養成講座連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

白井 和康(シライ カズヤス)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング