BCG Digital Ventures坪田氏が語る、UXデザインを実行する組織の作り方

UX SKETCH RIDE2016 summer Vol.1 坪田朋 ( BCG Digital Ventures):前編

 8月6日にリクルートメディアテクノロジーラボによるイベント「UX RIDE 2016」が開催された。Biz/Zineでは、元DeNAデザイン戦略室長、現在はBCG Digital Venturesに所属する坪田朋氏のセッション「概念のUXデザインを現実に変えるには何が必要なのか」の様子をお届けする。全2部作の前編では、坪田氏がDeNA内部で独立したデザイン戦略室を立ち上げた経験をもとに、「組織のデザインシフト」の方法について取り上げている。

[公開日]

[講演者] 坪田 朋 [取材・構成] 岡田 弘太郎 [編] 栗原 茂(Biz/Zine編集部)

[タグ] デザイン思考 UI UX

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「抽象的なUX疲れ」と、実行力の重要性

 UXデザインやデザイン・シンキングといった「課題解決のためのデザイン」がここ数年で盛り上がっている。しかしながら「昨今話題にもなる、人間中心設計やUX理論ドリブンだけで、イノベーションが産まれたケースを見たことがない」と坪田氏は語る。
 UXデザインにまつわる抽象的な議論や哲学が先行してしまうと理想が先行し「実行力」が欠けてくるし、アカデミック思考のUXデザイナーだと特にそういう状況になりやすいと言う。

坪田朋坪田朋氏(BCG Digital Ventures Experience Designer)

 最初に坪田氏のキャリアを振り返ると、デザイン畑を歩んでいる途中でウェブ業界にうつり、ライブドア、DeNAを経て、現在は「BCG Digital Ventures」で、デザイン・シンキングのフレームワークを使いながら、大手企業とともに新規事業をつくっている。livedoor Blog や Mobage といった大規模サービスのプラットフォーム開発から、DeNA時代はデザイン戦略室を立ち上げ、CI変更やUIデザイナー向けイベントまで、デザインにまつわる業務を幅広く手がけてきた。

坪田氏がデザイナーとして手がけてきたサービスやイベントたち坪田氏がデザイナーとして手がけてきたサービスやイベントたち

 昨今のUXデザインの世界では、「UXハニカム構造図」や「予期的UX」といった方法論がバズワードになっている。こういったUX理論は現場では無価値に近く、プロダクトの価値を高めるアイディアや具体的な実現方法をリードするUXデザイナーが少ない事実を坪田氏は指摘する。

UXデザイナーと呼ばれる職種は、開発の上流工程だけに関わるイメージがありますが、現場で手を動かして、実現していくフェーズが一番大切だと思っています。最初から最後まで全部作りきる「実行力」が最も大切です。

 具体的にサービス・プロダクト開発の現場でどのような問題が起きているのか。坪田氏は以下のような具体例を挙げて解説する。

よくある現場でのミスリード

UXデザインプロセスを用いてプロジェクトを進めた場合、“理論や理想的”な正論アイデアで現場の状況と乖離しているなど、様々な障害を乗り越えないと実現できないことが多い。そのため、他のメンバーと温度差が生じて巻き込むことができず、現場でUXデザインはよくわからないものだと捉えられやすいです。

バックナンバー