Biz/Zineニュース

帝国データバンクとSansanが包括提携、企業情報と名刺情報をマッチング

日本最大級のビジネスインフラ構築を目指す

 帝国データバンク(以下、TDB)とSansanは、10月17日に両社の情報サービスにおける包括提携契約を締結したことを発表した。(出典:プレスリリース

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] AI・機械学習

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TDBとSansaは今回の業務提携を通じて事業を共創し、TDBが提供する企業情報サービスと、Sansanが提供する名刺管理サービス「Sansan」「Eight」を連携させることにより、日本最大のビジネスインフラの構築を目指すという。

 Sansanの提供する法人向け名刺データベースサービス「Sansan」と、個人向け名刺データベースサービス「Eight」は、個々の名刺情報データベースと、TDBが提供する「企業情報データベース」「企業間取引データ」をマッチングさせる機能を開発。ユーザーの名刺情報とTDBの企業情報を統合する環境を構築し、よりビジネスに役立つ機能を提供。両者は、将来に向けてこれらの機能に加え、AIによる営業先の自動提案機能や新たなビジネスモデルの開発を検討する。

 なお、Sansanは10月7日に日本経済新聞社が提供するビジネスデータベース「日経テレコン」の日経会社プロフィル・日経WHO'S WHOとの連携を開始。これにより、Sansanを利用している企業などのユーザーは、名刺交換した相手の会社情報や人物のプロフィル情報をSansanのサービス画面から閲覧できるようになっている。