リクルートがカオナビに資本参加、HR Tech領域での協業も検討

株式会社リクルートホールディングスは、合同会社RSIファンド1号を通じ、クラウド人材管理サービスを運営・提供する株式会社カオナビの発行済み株式の一部を取得し、持分法適用関連会社とした。リクルートのカオナビへの資本参加は、両社のHR Tech領域の今後の協業が今後検討されていくという。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 事業開発 HRTech

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「HR Tech(HRテック)」は、クラウド上で人事や評価のデータを一元管理することで、企業の人事業務を効率化すること、また蓄積されたデータを活用し、従業員の定着・育成を促進することが期待されており、先行する米国では数多くのHR Techスタートアップ企業が生まれ、市場拡大を牽引しているという。

 日本においても、ここ数年でHR Tech領域のスタートアップ企業が相次いで立ち上がり、人材不足を背景とした人材の採用・定着ニーズの増大も後押しとなって、今後、市場が急拡大することが予測されている。

 カオナビは、クラウド人材管理ツール「カオナビ」の提供を開始し、「顔と名前が一致しない」というシンプルな課題の解決や、人事情報の一元化などの利便性が評価され、これまでに社員数が数十人規模のスタートアップから、1万人以上の大企業まで400社以上の企業へ導入を実現してきたという。

 同社は、今回、リクルートの資本参加を受け、HR Tech領域における事業提携の検討・協議を開始し、HR Tech市場の発展に寄与するとしている。