SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineセミナーレポート (PR)

eiicon中村氏が語る、オープンイノベーションで陥りやすい「4つの罠」と「3つの実践ポイント」

Biz/Zine Day 2017 Spring 「オープンイノベーション」の現在と未来 レポートvol.2

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

オープンイノベーションの初期に多い、“陥りやすい4つの罠”とは?

 実践のための3つのポイントに続いて、オープンイノベーションにこれから取り組む企業が陥りやすい4つの罠を中村氏は指摘する。

 1つ目は、「目的もなく人に会うこと」だ。提携先企業を探す際に、企業の新規事業担当者はイベントやカンファレンスに足を運ぶことが多い。その際に陥りがちな罠が、目的もなくイベントに行ってしまうこと。「自分はなぜこの場にいるのか」「どのような人と出会いたいと思っているのか」を言語化し、イベントに足を運ぶことで、そのイベントで出会う相手にも顔を覚えてもらいやすくなる。

リアルイベントの罠

 2つ目は、提携企業を探すための「アクセラレータープログラムに資金を使いすぎないこと」。これまでアクセラレータープログラムに取り組んだことがない企業に多いのが、企業から出た予算をアクセラレータープログラムに使いすぎてしまい、事業化のための資金がなくなることだ。提携後に事業成長のスピードを上げるためには、一定額の資金が必要。事前にアクセラレータープログラムに割く資金額と、提携後に使用する資金額の割合を決めておく必要があるだろう。

アクセラレータプログラムの罠

 3つ目は、提携先企業に対して、「上から目線にならないように注意すること」。とりわけ、提携先企業がベンチャー企業の場合は、上から目線のコミュニケーションをとる担当者が出てきやすい。社内メンバーで話し合った結果を提携先企業に伝えるのではなく、話し合いや意思決定のフェーズで提携先企業も巻き込みながら、どのような提携が可能かを模索していくべきだろう。

上から目線の罠

 4つ目は、「忖度(そんたく)の罠」だ。イノベーションを起こすためには、失敗を恐れずに新しいことにチャレンジする姿勢が大切である。上司の指摘やアドバイスに従って、オープンイノベーションの可能性を潰さないように注意したい。

忖度の罠

 オープンイノベーションの必要性から、実践のためのポイントや初心者が陥りやすい罠まで、オープンイノベーションにまつわる様々なトピックが中村氏から共有された。企業がオープンイノベーションに取り組む最初の一歩として、eiiconに登録し、提携先を探すことにチャレンジしてみてもいいだろう。


eiicon

オープンイノベーション、事業提携先を無料で探せるWEBサービス「eiicon」

詳細はこちらから


eiicon

第一線で活躍する講師陣による、
オープンイノベーションを起こすための実践講習

第一線で活躍する講師陣を迎え、企業内でオープンイノベーションに取り組む方の実践ノウハウ・メソッドを提供。
・ベンチャーを支援してきたVC
・組織論研究者
・大企業内のイントラプレナー
・スタートアップにてオープンイノベーションに成功してきた経験者
オープンイノベーションを要素分解し、実践的なポイントとして伝えるセミナー。事業開発者が情報交換できるコミュニティとなる場が必要という観点から、イベントの最後にはネットワーキングの時間も設定されています。

・名称:オープンイノベーションを起こす!強力なパートナーとの共創ノウハウ VOL.3
・日時:2017/05/19(金) 10:00 ~ 15:00(受付開始は9:30)
・会場:渋谷dots. 〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町20-17 NMF渋谷公園通りビル8F
・参加費:18,000円/1席
・主催:オープンイノベーションプラットフォーム『eiicon』

詳細はこちらから

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
Biz/Zineセミナーレポート連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング