SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

都市と地域のイノベーション「Creative Circuit」

UberやGoogleなどIT企業が都市をつくり変える──21世紀型の都市のかたちとは

Creative Circuit #1:ゲスト 多摩大学大学院教授 紺野登氏(第2回)

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

都市をアップデートするGoogleの取り組み、行政に求められる3つの役割

本村:
 新しいモビリティの登場の他に、Googleも「Sidewalk Labs」のような実験的な試みを始めていますよね。

紺野:
 そうですね。「Sidewalk Labs」は、テクノロジーによって都市生活を豊かにしていくことを目的としたAlphabet傘下の企業です。ニューヨークでは「Link NYC」という古い公衆電話をフリーWi-Fiキオスクに変えることで、インターネットに接続できる環境を整備する取り組みを行っていますね。トロントではコネクテッドテクノロジーを活用した多目的コミュニティを生み出そうとしている。都市がイノベーションの生まれる場だとするならば、まずはその都市自体をデザインしなければいけない。そんな発想でGoogleは取り組んでいるように見えます。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
都市と地域のイノベーション「Creative Circuit」連載記事一覧
この記事の著者

本村 拓人(モトムラ タクト)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング