デロイト トーマツ、中堅・中小企業向けM&Aマッチングサービス「M&Aプラス」を開始

 デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリーは、中堅・中小企業向けのM&Aマッチングプラットフォーム「M&Aプラス」のサービスを開始した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] M&A

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

M&Aマッチングプラットフォーム「M&Aプラス」の特徴

 中堅・中小企業向けの「M&Aプラス」は、既存の仲介サービスとは異なり、中立性を重視した新しい形態のサービス。現在事業承継問題や、事業成長戦略で課題を抱える中堅・中小企業とファイナンシャルアドバイザー(FA)をオンライン上でマッチングすることで、スムーズで公正な取引を実現するという。

 ・M&Aの専門家が選べる

 売却や買収を検討中の企業が「M&Aプラス」に登録すると、会員専用ページの地域や実績などの情報から、自社にあったFAを選定できる。

 ・全国の企業からマッチングする相手を探せる

 売手、買手企業が選定した担当FAは「M&Aプラス」で全国の登録案件の検索が可能。担当FAは、担当企業の意向や戦略に合った相手を効率的に探すことができる。

 ・信頼性の高い取引を実現

 マッチング後も、案件がどの過程に位置するかが「可視化」されるので、担当FAがM&Aのプロセスを適切に管理でき、売手・買手企業も自社の売買の進捗状況をサイトで確認することができる。

 ■「M&Aプラス」の概要

  • サイト名:M&Aプラス
  • 運営会社:デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社
  • 機能:案件管理機能、マッチング管理機能、FA検索機能、FAと売手/買手間の承認機能、情報統制機能
  • Webサイト:M&Aプラス