SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineセミナーレポート

「顧客のジョブ」からはじまる、特定の状況で想起される“目的ブランドへの進化”とは?

BizZineセミナーVol.1レポート前編:INDEE Japan 取締役トレーニングディレクター 山田 竜也氏

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

高い抽象度では解決できるジョブが見つからない、フォーカスしすぎると解決してもインパクトがない。ジョブの関係を整理し “人が進歩を遂げられるテーマ”を選ぶ

 こうして新しい商品やサービスの起点となりうる「ジョブ」だが、根源的には人類が創出したときから変わることがない。空腹になれば「何かを食べたい」という欲求が生じるが、市場が成熟するにつれて、単に腹を満たしたいという機能より、楽しく食事したいという(感情)やインスタ映えする食事をしたい(社会性)を重視する傾向が強くなっていく。

ジョブの高次化

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
Biz/Zineセミナーレポート連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング