SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineセミナーレポート

「顧客のジョブ」からはじまる、特定の状況で想起される“目的ブランドへの進化”とは?

BizZineセミナーVol.1レポート前編:INDEE Japan 取締役トレーニングディレクター 山田 竜也氏

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

ユーザーの「ジョブ」を多面的に把握する「JOBSメソッド」のポイントは、「3種のジョブ」と「障壁」と「使いこなし」

 次に「ジョブ理論」に基づいてインディージャパンが開発した「JOBS(ジョブズ)メソッド」について紹介がなされた。頭文字の4つの視点のから成り、起点となる顧客の課題を考え(Job)、課題の背景にある目的や方向性を認識し(Objective)、ジョブを困難にする要因を探り(Barriers)、既に課題解決に用いている製品・サービスや「使いこなし」を観察する(Solutions)。この4つの視点で顧客の状況を描き、障害のせいでジョブが未解決であったり、ジョブを解決する「使いこなし」がイケてないものであれば、そこが新しい商品やサービスの起点となる可能性を秘めているというわけだ。

JOBSメソッド「JOBS(ジョブズ)メソッド」

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
Biz/Zineセミナーレポート連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング