KDDIと楽天、決済、物流、通信分野において両社のアセットを相互利用、事業協争の推進を発表

 KDDI、沖縄セルラーと楽天は、11月1日に、決済、物流、通信ネットワーク分野において、両社の保有するさまざまなアセットを相互利用することを発表した。楽天は、KDDIと沖縄セルラーに「楽天ペイ (アプリ決済)」をはじめとした決済プラットフォームや加盟店網と、物流サービスを提供。KDDIと沖縄セルラーは、楽天にLTE通信サービスの通信ネットワークを提供する。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 事業開発 企業戦略

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 通信サービスを中心に「au経済圏の最大化」を目指すKDDIグループと、「楽天エコシステム (経済圏)」を構築してきた楽天は、決済・物流・通信ネットワークの分野において、両社のアセットを相互利用することを発表した。

提携概要

1.決済サービス分野

 楽天は、「楽天ペイ (アプリ決済)」をはじめとした決済プラットフォームや加盟店網をKDDIへ提供する。KDDIは、楽天グループが直接契約している全国約120万箇所の加盟店等を活かしたスマホ決済サービス「au PAY」を2019年4月より順次開始するとしている。

2.物流サービス分野

 楽天は、KDDIが運営する総合ショッピングモール「Wowma!(ワウマ)」に対して、楽天の物流サービスを2019年4月より順次提供する。

 両社は、楽天が推進する「ワンデリバリー」構想を共に進めていくことで、効率的な物流・配送サービスを実現し、国内EC市場の健全な持続的発展を目指すとしている。

3.通信ネットワーク分野におけるローミング協定の締結

 KDDIは、楽天が2019年10月より開始予定の第4世代移動通信サービス (LTE通信サービス) に対して、通信ネットワークを提供するローミング協定を締結した。これによって、楽天は、日本全国でLTE通信サービスの提供が可能となる。ローミングエリアは、東京23区、大阪市、名古屋市を除いた、全国を予定している。

 この協定は、提供期間を2026年3月末までと定めている。この期間内に楽天は自前での全国ネットワーク建設を進め、完成した地域から順次、自前ネットワークへ切り替えを行っていくとしている。