2030年にMaaS市場は自動車産業の利益の30%に──PwCが『デジタル自動車レポート2018』発行

 PwCネットワークの戦略コンサルティングを担うStrategy&は、このたびグローバル調査『デジタル自動車レポート2018』の日本語版を発行した。MaaS市場は今後拡大を続け、2030年までには自動車業界の売上の22%、利益の30%になるという。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 自動運転 自動車産業 MaaS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 このレポートは自動車業界のデジタル化に関する最新トレンドと、自動車メーカーにおける戦略の再構築の方向性を詳細に解説しており、7回目となる2018年の調査では、以下の動向が明らかになった。

・次世代移動サービス「MaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)」の市場は、米・欧・中3地域の合計で、2017年から2030年の間に年平均成長率(CAGR)25%で成長し、2030年までに1.4兆米ドルに到達すると想定されるという。地域別には、2030年に中国が6,560億米ドル、米国は2,500億米ドル、欧州は4,510億米ドルに達すると予想される。

・2030年までに、MaaSは自動車業界における売上の22%、利益の30%を占め(2017年は売上2%、利益1%未満)、一方で、新車販売は売上の38%、利益の26%(2017年は売上48%、利益41%)と大きな構造転換が生じる可能性があるという。

・さらに価格競争力のある、オンデマンド配車サービスによる自動運転車「ロボタクシー」が利用可能になった場合、自家用車を手放してもよいと答えた人の割合は米・欧・中3地域のうち、中国が最も高く79%となった。欧州は47%、米国は38%にとどまった。

・従来のサプライヤー事業、自動車販売、アフターサービス市場で得られる利益の割合は、現在の71%から2030年には41%とほぼ半減する可能性があるという。

【詳細情報】