トムトム、デンソーとエンドツーエンドの自動運転システムの開発での協力を発表

 オランダのトムトムは、デンソーと自動運転車向けのソフトウェアプラットフォームの開発において協業し、自動車運転に関する取り組みを加速させていくことを発表した。トムトムの高精度(HD)地図にデンソーが開発する車載センサーを連携させることで、ローカライゼーション(車両位置特定)、状況認識、経路探索など完全自動運転システムに向けた機能の強化を目指す。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] テクノロジー 自動運転 協業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トムトムとデンソーとのエンドツーエンドマッピングシステムの共同開発により、デンソーはマーケットリーダーとして高速道路や都市部幹線道路での自動運転レベル2に向けたシステムの提供を目指すとしている。また、デンソーのセンサーをトムトムのHD地図と組み合わせることで、より高い先進性と信頼性、安全性を備えたシステムの実現が可能となるという。

 デンソーは、自社で処理したセンサーデータをトムトムの自動運転および高度運転支援システム(ADAS)用エンドツーエンドマッピングシステムに提供する。これによって、走行中の車内でトムトムのHD地図の即時更新を支援する。

 トムトムは、クラウドソースの地図アップデート情報であるローダグラムと調査用車両から取得されるセンサーデータを組み合わせ、高精度なグローバルHD地図を生成する。また、生成した最新の地図データを地図配信システムである「オートストリーム(AutoStream)」で車両へと提供するという。

 トムトムCEOのハロルド・ゴディンは、「自動車用のADAS技術を長年にわたってリードしているデンソーと協力し、同社の日本および世界中の顧客に貢献できることを大変光栄に思います。また、このデンソーとの協業はトムトムのHD地図とオートストリームが自動運転車に欠かせない要素であるということを示すものです」と語った。