アクセンチュア調査、大手銀行の大半がオープンバンキング利用、収益の2桁成長予想が多数

 アクセンチュアがグローバルで実施した最新調査によると、ほとんどの大手銀行は法人向けオープンバンキング・サービスの提供を自行のデジタル変革プログラムにおける重要な戦略的取り組みと位置付けており、その多くがオープンバンキング・サービスの提供によって収益の2桁成長を見込んでいることが明らかになった。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 金融 FinTech API

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オープンバンキングの仕組みを活用することで、銀行の法人顧客は、自社の財務データを銀行や第三者企業と安全に共有できる。これにより、資金の移動、金融商品の比較、APIを使った口座管理が容易に行えるようになる。

 本調査では、大手銀行の90%は、法人顧客向けにオープンバンキング・サービスを提供する予定であると回答した。また、大手銀行の54%は、オープンバンキングによって最大10%の収益増を見込んでおり、大手銀行の35%は、最大20%の収益増を期待している。

 アクセンチュアは、グローバル銀行、大企業、中小規模企業の経営幹部750人超を対象に実施したグローバル調査をもとに、「It’s Now Open Banking, Do You Know What Your Commercial Clients Want From It?(オープンバンキングの時代:法人顧客の期待)」と題するレポートをまとめた。

 大手銀行の90%は、法人顧客向けのオープンバンキング・サービスへの投資をすでに開始しているか、2019年中の開始を予定している。投資規模については、このうち71%の大手銀行は最大2,000万ドル、24%の大手銀行は2,000万ドル以上と回答しており、オープンなプラットフォームの構築、第三者企業によるサービスの提供、オープンバンキング活用方法の模索などを進めている。

 本調査ではまた、銀行の法人顧客の35%が、すでにオープンバンキング・プラットフォームに参加しており、さらに42%が2019年中に参加予定であることも明らかになった。なお、オープンバンキングにおいて好ましい提携相手として、大企業では72%、中小規模企業では65%が現在の取引銀行を挙げており、ノンバンクのデジタル企業を選ぶと回答した法人顧客は15%に過ぎなかった。