AIの専門家たちが語った、企業と個人が激動の未来を生き抜くための提言──優先して投資すべき人の要件

 AI・ディープラーニング技術がビジネスにおいても浸透を見せる一方で、未着手の企業も多い。そんななか、2019年2月13日、虎ノ門ヒルズでAIとビジネスを考える大規模カンファレンス「THE AI 3rd」が行われた。テーマは「AI時代の適者生存 -生まれ変わるために“今”すべきこと」。さまざまな登壇者が議論を行ったなかから、シンギュラリティ・ソサエティ中島聡氏、東京大学大学院工学系研究科 技術経営戦略学専攻 特任助教大澤氏、株式会社ABEJA菊池佑太氏が、モデレーターの株式会社レッジ代表取締役橋本和樹氏とともに日本企業におけるAI利活用の現状や、今何をすべきかについて議論したパネルディスカッションの様子をお伝えする。

[公開日]

[講演者] 中島 聡 大澤 昇平 菊池 佑太 橋本 和樹 [取材・構成] フェリックス清香 [写] 黑田 菜月 [編] 梶川 元貴(Biz/Zine編集部)

[タグ] AI・機械学習 事業開発 テクノロジー ディープラーニング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中島氏が語る、大企業による投資が過熱する現在が“AIバブル”である理由

今、AIはバブルだといっても過言ではありません。AIが注目されることで、勉強する人が増え、その人たちの仕事も増えています。人や技術を育てる健全なバブルではありますし、テクノロジーのハイプ・サイクルを考えると必要不可欠なものだともいえます。でも今後、それはいったん下火になるだろうと思っています。現状では、AIそのものがビジネスになっているわけではなく、GoogleやMicrosoftといった、基礎となるビジネスを持った企業がAIを使った面白い仕掛けで話題を集めている段階です。

 シンギュラリティ・ソサエティ中島聡氏は、モデレーターの橋本氏からAIの現在のビジネスへの影響をどう捉えているかと質問され、このように答えた。

 ABEJAの菊池氏は、そういった意見もある一方で、長期的にはAIのポテンシャルは非常に高いと主張する。AIは今後、意識して使うというものではなく、すべての産業、全ての人の生活に自然に存在が溶け込んでいくのではないかというのだ。東京大学の大澤氏は研究者の立場から見て、AIの技術はブレイクスルーがあったと感じていると話す。そして、バブルが“期待過剰”という意味だとすると、今は価値を低く見積もられすぎているのではないかと主張する。

 もちろん、中島氏も長期的にはAIに期待しているし、AIを使いこなせない企業は消えていくと言えるほど、AIにはポテンシャルを感じている。しかし、大企業がAIに投資しても、そのリターンはないだろうというのだ。

おそらく多くの大企業はこれからAIに投資していくでしょう。しかし、他のビジネスと同様に、AIを導入した従来の大企業が勝つのではなく、全く新しい企業がAIを使ったビジネスを作り、一気に市場を奪っていくと予想しています。その意味でも、大企業のAI投資は将来はじけるバブルだと思うのです。

 これに対して大澤氏は、スマートフォンの登場という破壊的イノベーションに対して「脱ウィンドウズ」によって成長を続けるマイクロソフト社を引き合いに反論。しかし中島氏は、マイクロソフト社は稀なケースだと主張する。

 とはいえ、AIが2、30年後の世界に大きな影響をもたらすため、それを見越していくべきというのは、三人とも共通する見解である。では、AIに投資している大企業の成長を阻害している要因とはなんだろうか。

一般社団法人 シンギュラリティ・ソサエティ 代表理事 中島聡氏一般社団法人 シンギュラリティ・ソサエティ 代表理事 中島聡氏
早稲田大学大学院理工学研究科修了。大学時代に日本のCADソフトの草分けである「CANDY」を開発。大学院修了後はNTTに入社したが、わずか1年で設立間もないマイクロソフト日本法人へ転職。3年後、米国本社へ移るとWindows 95、Internet Explorer 3.0/4.0等のチーフアーキテクトを担った。2000年代に入り、独立を果たすとXevo、neu.Pen等を起業。
2018年8月には「 i-mode を世に送り出した男」として知られる夏野剛氏を共同発起人として、NPO法人シンギュラリティ・ソサエティを設立。
テクノロジーを操り、シンギュラリティの時代にふさわしい「未来の設計者」である若者を支援するため、精力的に活動をしている。
毎週火曜日発行のメルマガ「週刊 Life is Beautiful」の執筆を今も継続中。主な著書に『なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である』(文響社刊)、『結局、人生はアウトプットで決まる 自分の価値を最大化する武器としての勉強術』(実務教育出版)がある。米国シアトル在住。MBA(ワシントン大学)

バックナンバー