新規事業のアイデア・プラン創出を成功させるアプローチ──事業開発の現場で頻出する「3つの課題」とは?

第2回

[公開日]

[著] 北嶋 貴朗

[タグ] 事業開発 新規事業

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新規事業開発の現場で頻出する「3つの課題」とは

 新規事業と既存事業の違いを理解したら、実際に新規事業開発の検討を進めていきます。我々が日本企業の新規事業開発やイノベーション創出に関する支援を行っている現場において頻出する課題は大きく3つあります。この3つの課題が新規事業開発の成功を阻む壁として存在していますが、これらをクリアすることで企業内における新規事業開発を活性化・加速させることができ、事業の成功確率を向上させることができます。

新規事業開発の現場で頻出する3つの課題と事業プラン/アイデアを生むためのアプローチ新規事業開発の現場で頻出する3つの課題と事業プラン/アイデアを生むためのアプローチ

  • 事業構想・技術シーズフェーズの課題:事業プランやアイデアが無い、もしくは出てこないため取り組むことができない
  • 評価・仮説検証・PoCフェーズの課題:事業プランやアイデアを適切に評価したり検証することができない
  • 事業化・グロースフェーズの課題:評価や検証を行った事業プランを上手く実行・推進することができない

 上記の表に記載している通り、新規事業開発におけるフェーズ毎に大きな課題が存在しています。1つ目は、社内に事業のアイデアやプランが無い・出てこないという課題です。そもそも事業のアイデアやプランが無いことには企業は新規事業開発に着手することができません。この段階においては、質はともかくまずはアイデアやプランを創出することが重要になります。

 2つ目は、社内の事業プランやアイデアの中から良質なものを見極めた評価や、アイデア・プランの実現性を適切に検証することができないという課題です。これが上手く進まないと、アイデアやプランをブラッシュアップすることで精度を高めたり、実際に事業化を目指して投資をするか否かの判断を的確に行うことができません。

 3つ目は、評価/検証した事業プランを高いレベルで実行・推進して事業化を果たし、事業の進捗やKPIなどを計測しながら継続的に事業をグロース=成長させていくことができないという課題です。どんなに良質な事業プランであっても、高い実行力が無いと事業として成果を創出することはできません。実は、3つの課題の中でも日本企業において最も頻出し、支援を要するのはこの課題になります。

 本連載では、3つの課題にすべてにおいて詳細に解説し、その解決アプローチについて言及・提言をしていきます。次のページからは、1つ目の課題「事業アイデアやプランが無い・出てこない」の解決アプローチについてご紹介していきます。

バックナンバー