新規事業のアイデア・プラン創出を成功させるアプローチ──事業開発の現場で頻出する「3つの課題」とは?

第2回

[公開日]

[著] 北嶋 貴朗

[タグ] 事業開発 新規事業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

技術シーズや社内アセットを起点にする──事業アイデアやプランが無い場合の解決アプローチ(2)

 次に、優位性のある社内の技術シーズやアセットを起点にして事業のアイデアやプランを創出するアプローチについてリーンキャンバスを活用して解説していきます。

技術シーズやアセットを起点にする場合のリーンキャンバスの活用方法技術シーズやアセットを起点にする場合のリーンキャンバスの活用方法

 このアプローチにおいては、まず社内で保有する技術シーズやアセットがどのような優位性や独自性などの特徴を有しているかを正確に把握した上で、それらを用いて生み出すことができる独自の提供価値や機能/サービス=ソリューションを検討し、仮説を構築していきます。その上で、上記の表の(1)(2)(3)の手順で「検討したソリューションで解決し得る課題/ニーズにはどのようなものがあるか」を探索していきます。

 解決し得る課題/ニーズがすぐに見つかれば良いですが、実際はなかなか見つからないことも多いようです。強い課題/ニーズが見つかるまでは探索し続ける必要があり、ここで多くの時間やリソースを要することもあります。また、探索した結果として解決し得る強い課題/ニーズが見つからない可能性もあります。その場合はアイデアの事業化は断念せざるを得ないため、別のソリューションを検討するか、活用する技術シーズやアセットを見直すことになります。

 探索の結果、検討したソリューションで解決し得る課題/ニーズが発見できたとします。次は、その課題/ニーズを最も強く抱えている顧客は誰かという仮説を立て、該当する顧客セグメントに対してテストマーケティング/テストセールスやプロトタイピング、インタビューやヒアリングを通じて検証を行っていきます。これを繰り返していくことで事業プランとしての精度が高まっていくのは、市場や顧客の課題/ニーズを起点としたアプローチをする場合と同様です。

 技術シーズを元に着想するテクノロジードリブンや、企業の保有するアセットありきでの事業開発は、市場や顧客の課題/ニーズを無視した古いアプローチとして批判や揶揄の対象となりつつあります。しかし、そこから発想したソリューションが解決し得る課題は何か、その課題を抱えているのは誰かを丁寧に探索し、検証を徹底するプロセスを怠りさえしなければ、優位性のある技術やアセットを保有する企業においては十分に有効なアプローチになり得ます。また、探索や検証に成功すれば、その後の優位性の構築や継続的な事業拡大は比較的実現しやすいというメリットもあります。実際に、このアプローチを通じて新規事業開発に成功している企業も多く存在しています。

バックナンバー