ドコモ、AIを活用したオンデマンド交通システム「AI運行バス」を4月1日より提供開始

 NTTドコモは、AI(人工知能)を活用したドコモのオンデマンド交通システム「AI運行バス(R)」の提供を、2019年4月1日より日本全国で開始すると発表した。また、九州大学伊都キャンパスでは、4月1日より商用提供を開始するという。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] AI・機械学習

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ドコモが4月1日より提供する「AI運行バス」は、乗りたいときに行きたい場所まで、自由に移動できるオンデマンド交通システム。リアルタイムに発生する乗降リクエストに対して、AIを使用して効率的な車両・ルート(乗り合せる組合せ)をリアルタイムに算出する。利用者がスマートフォンのアプリや電話から行った予約をもとにAIが車両配車を行うことで、効率的な移動を実現するとしている。

 ドコモは2017年3月より未来シェアとモビリティサービスプラットフォームの共同検討を開始している。これまで東京都副都心地区、九州大学、兵庫県神戸市、鹿児島県肝付町、神奈川県横浜市、群馬県前橋市などでの実証実験を通して、リアルタイムに効率的な車両・ルートを導き出すAI配車機能の確立に取り組み、延べ9万人の輸送の実績があるという。

 ドコモは、「AI運行バス」という移動手段に加え、商業施設のサービスを、MaaSプラットフォームとして統合することで、交通需要増大および商業施設の売上向上につなげ、移動の社会課題解決を目指す。また、2020年度末までに100エリアでの導入を目指すとしている。