セールスフォース・ドットコムが日本におけるDX加速のため新たな施策「DXアクセラレーション」を発表

 セールスフォース・ドットコムは、日本における企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を加速させるためのプログラム「DXアクセラレーション」を4月16日に発表した。クラウド対応可能なエンジニアの育成促進と、Salesforceのシステムインテグレーションパートナー(SIパートナー)拡大を目指す。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] テクノロジー デジタルトランスフォーメーション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「DXアクセラレーション」とは、第4次産業革命に対応できるエンジニアの拡充と、Salesforceを活用してシステムの構築・運用をするSIパートナーが、Salesforceのエコシステムに参画しやすい環境を提供することを目指すプログラム。

 セールスフォース・ドットコムは、日本におけるエンジニア育成およびパートナー拡大について、以下の3つの課題を挙げている。

  1. 対応できるエンジニアの不足
  2. エンジニア育成のための費用とコストがかかること
  3. 新規SIパートナー企業に継続的なプロジェクトの依頼が来るように環境整備をすること

 これらの課題に対応するため、セールスフォース・ドットコムは、以下の施策を行う。

1.キャリアチェンジ支援を通じて、エンジニア不足へ対応

  • パートナー企業の採用イベントを支援
  • 働く女性のキャリアチェンジを、人材紹介・人材派遣会社と協力して支援
  • 大学の就職支援センターと大学生のIT人財化に向けた取り組みを行い、インターンシップを行うエンジニア候補生の拡大をパートナー企業とともに実施
  • オンライン体験学習プログラムTrailheadを個人・法人に提供。Salesforceの全般的な学習や、AIやモバイルアプリケーション開発など、第4次産業革命に対応した人材を育成

2.コストを抑えたエンジニア育成の仕組みを提供

  • 新たにSalesforceのパートナーに参画した企業に、講座の一部を無償提供。認定アドミニストレーター取得者の拡大を図る
  • myTrailheadで、Salesforceの導入経験が豊富なパートナー各社のノウハウを使った独自の学習コンテンツを、新規参入パートナーに提供

3.継続的な仕事の創出を支援する仕組みを提供

  • パートナーマッチング制度を制定。Salesforceの導入経験豊富なパートナーと新規パートナーが、協力してプロジェクトを受注する仕組みを推進
  • SalesforceのCustomer Success(定着化)の方法について、パートナー企業にレクチャーを行い、導入企業先での定着化を促す。さらに顧客満足度調査の結果をパートナー企業にも共有して、顧客の声をパートナー企業にも共有する体制を確立