SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Innovation Works File

育児用品メーカー・ピジョンが抱えるジレンマと解──新規事業チームが“出島で専業”がダメな理由とは?

ゲスト:ピジョン株式会社 山中英子氏、ピジョン ホームプロダクツ株式会社 神谷政博氏

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

“コンサル主導”から“自走”に向かう過程で得た、非・出島の社内巻き込み効果

──「新規事業、新商品を作ろうとしても、既存商品のリニューアルになってしまう」という話がありました。そうならないために、どんな工夫があるのでしょうか。

神谷:一言で、ベビー用品という当社のドメインに関しても、定義が難しい。哺乳器から、ベビーフード、洗剤やスキンケア、ベビーカー、チャイルドシート、他にもドメインを拡げていけば生活全般、あらゆる部分に関わってきます。あえて定義するならば、赤ちゃん、子どものためになるもの。親のためになるもの。家族とか、その生活がテーマだと言えます。そうなると、社会全体の変化の影響を受けざるを得ない。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
Innovation Works File連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング