Biz/Zineニュース

ストライプインターナショナル運営のメチャカリ、ヤマト運輸と配送連携 6月26日より提供開始

 ストライプインターナショナルが運営するメチャカリは、ヤマト運輸と連携し2019年6月26日(水)より返却時の利便性向上を目的とした配送連携を開始すると発表した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] スタートアップ ビジネスモデル

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 メチャカリは、ストライプインターナショナルが提供するファッション向けのサブスクリプションサービス。同社が展開するearth music&ecologyをはじめ、人気ブランドの新品アイテムを月額5,800円(税別)で、何度でも借りることが可能。アプリダウンロード数は100万件を突破している。

 今回のヤマト運輸との配送連携で同社が改善したいのはユーザーの利便性、いわゆるUXだ。これまで「集荷を待つ時間がもったいない」「出勤前に出したいが、朝のコンビニは混雑していて出しづらい」「毎回送り状を書くのが面倒」などの声が挙がっており、商品返却時の利便性はUX向上に必要不可欠な点だった。

 一方、ヤマト運輸は、2017年12月より、フリマやオークション事業者向けに配送連携APIの公開を開始している。アプリなどに登録した情報を利用し、スマフォを介して送り状を発行できるようになり、返送の手続きがスムーズになることから、フリマアプリなどのユーザーから好評を得ていた。

 今回メチャカリは2019年6月26日(水)より、配送連携APIを導入。これにより、商品返却時の送り状記載が不要になり、これまでの返送方法に加え、全国約4,000箇所のオープン型宅配便ロッカー「PUDO(プドー)ステーション」の利用も可能となる。ユーザーは自身の都合に合わせ、かつ非対面でも返送可能になるという。

配送連携APIによって「メチャカリ」で利用できる機能
配送連携APIによって「メチャカリ」で利用できる機能
「メチャカリ(MECHAKARI)」返却画面イメージ
「メチャカリ(MECHAKARI)」返却画面イメージ