SENSYとデロイトトーマツ コンサルティング、アパレル業界におけるAIを活用した共同研究を開始

 感性を解析するパーソナル人工知能開発のSENSYとデロイトトーマツ コンサルティング(以下、DTC)は、アパレル業界のバリューチェーンにおけるAIの活用について共同研究を開始した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] AI・機械学習 事業開発

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SENSYの持つ消費者の行動予測技術とDTCのカスタマー&マーケティングソリューション部門の持つ顧客情報活用ノウハウを合わせ、顧客の消費行動とバリューチェーンの各ポイントで、需要トレンドとの相関関係の研究を行う。

 また、今回の同研究には、TSIホールディングス等、アパレル業界企業が一部解析データの提供を通じて協力する予定だという。

 SENSYとTDCは、今回の研究結果を元に、業務の効率化可能性を検証、また、将来の商品企画、運用計画に生かせるソリューションの開発を目指すとしている。