ランサーズ、地域の仕事とつながる関係人口プラットフォーム『CON-NECT』をリリース

 フリーランス・タレント・プラットフォームを提供するランサーズは、全国のフリーランスや副業をしたい個人と地域をつなぎ、関係人口を創出するプラットフォーム『CON-NECT(コネクト)』をリリースした。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] ワークスタイル 複業 副業 ワーケーション デュアルワーク モデル就業規則改正

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『CON-NECT』サイト上には地域の多彩なプロジェクトが掲載され、地域の仕事やワーケーション、デュアルワークに関心を持つフリーランスが、それぞれのスキルを活かせる仕事を見つける場となるとしている。サイト内からプロジェクトに興味をもったフリーランスは地域とつながり、地域のプロジェクトやコミュニティに参画する足がかりを得ることができるという。

 昨今、「ワーケーション」や「デュアルワーク」といった新しい働き方がフリーランスの注目を集め、国や自治体も関係人口に着目し、新たな施策を打ち出している。また、働き方改革の一環で副業・複業を認める企業が出てきている中で、個人の労働者は「もうひとつの仕事は地域のために」と考える人が増えているという。しかし、実際に地域の仕事を探すには、個別の自治体や企業にアクセスする必要があるなど、未だハードルが高いのが現状となっている。高度なスキルを持つ人材と地域との出会いの場をつくり、地域のプロジェクトやコミュニティとのつながりを生み出すために『CON-NECT』は誕生したと、その背景を語る。

CON-NECT

関係人口を創出するプラットフォーム「CON-NECT」とは

  • プロジェクトを共創し、 地域とつながる
  • 気軽にワーケーション・デュアルワークを体験できる
  • ランキングから地域を知る

CON-NECT

CON-NECT

『CON-NECT』でできること

CON-NECT

『CON-NECT』自治体・他企業との連携(これまでの連携の一例)

  • 大和ハウス工業株式会社:「フリーランスのお試しデュアルワーク」北海道鹿部町・石川県志賀町の森林住宅地を活用
  • 三井住友海上火災保険株式会社:「シェアリングエコノミーで開く未来の働き方」セミナー開催