トリップアドバイザー、観光都市向けに新しいスポンサー提供コンテンツを導入

 口コミとランキングで見つかる世界最大の旅行プラットフォーム「TripAdvisor」(トリップアドバイザー)は、地域と協同して観光地域作りを行う法人であるDMO(Destination Management Organization)などの観光機関向けに特化した、新しいスポンサー提供コンテンツ「デスティネーションスポンサーシップ」を発表した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 事業開発 社会・公共 インバウンド 観光業

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 同スポンサーシップでは、宿泊施設、レストラン、観光スポットに関する情報を積極的に探す旅行者に対して、観光機関がご当地の魅力を紹介し、アピールできるプラットフォームを提供する。これにより、トリップアドバイザーの観光都市検索ページにおいて、コンテンツのエンゲージメントを向上させることを目指すとしている。

 トリップアドバイザーの広告収益部門のヴァイスプレジデントであるクリスティーン・マグワイア(Christine Maguire)氏は次のように述べている。

弊社の調査によると、大多数のトリップアドバイザーの利用者にとって、旅の計画は楽しくてワクワクするような時間になっています。この度ご提供するプラットフォームを使用することで、観光機関はさらに多くの旅行者にアプローチして、他とは異なるご当地の体験を紹介できるようになります。鮮明な画像、動画、厳選した旅行体験など魅力溢れるコンテンツを用いて、次の旅先や新しい観光スポットを探しているより多くの旅行者に情報を届け、アプローチすることができます

 既にこの度の新しいスポンサー提供コンテンツを利用している、300以上の提携観光都市に関する最近の分析によると、コンテンツのエンゲージメントが合計25%向上していることが判明したという。

「デスティネーションスポンサーシップ」で提供される機能

  1. 観光都市のブランディングに役立つカバー写真:観光都市用のトラベルフィードページの上部に目立つように掲載
  2. フォトアルバム:観光都市用のトラベルフィードページに掲載される写真10枚を選択でき優先表示
  3. 300 x 250/300 x 600の広告掲載枠:トラベルフィードに動的なディスプレイ広告を表示
  4. ディスカバリー・カルーセル:観光都市用のトラベルフィードに魅力的なコンテンツ枠を表示し、旅の情報、記事、動画を組み合わせて観光都市をアピール

提携観光都市の事例:横浜市

タイトル