融資型クラウドファンディング「CAMPFIRE Owners」、投資家登録受付を開始

 CAMPFIREのグループ会社となるCAMPFIRE SOCIAL CAPITALは、融資型クラウドファンディング「CAMPFIRE Owners(キャンプファイヤーオーナーズ)」の投資家登録受付を2019年9月11日より開始した。ファンド公開は9月下旬を予定。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] ワークスタイル

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

融資型クラウドファンディング「CAMPFIRE Owners」

 「CAMPFIRE Owners」は「借り手(プロジェクト実施者)」と「投資家」を結ぶ融資型のクラウドファンディングサービス。個人投資家から小口の資金を集め、大口化して借り手(法人・団体・非営利組織)に融資する仕組みとなり、 個人から集めた資金を「融資する」という性質を持つため、購入型・寄付型とは異なり、投資家は金銭的なリターン(借り手企業からの利息など)を得ることができるとしている。

取扱いファンドの特徴について

 国内だけでなく海外も含めた様々な事業者やプロジェクトに融資するファンドの取扱いを予定。例えば「待機児童問題対策の保育園を建設したい」「古民家を再生して遊休資産活用&地域活性したい」「海外の農場で新規事業を立ち上げたい」といった、一般的に従来の金融機関・金融サービスでは取扱いが難しい資金需要に対し、資金調達機会の提供を目指すという。投資家登録受付については、2019年9月11日より投資家登録の受付を一般開始する。

タイトル

取扱い開始予定ファンドについて

 CAMPFIRE SOCIAL CAPITALが2019年9月下旬より以下4件を初号案件として募集または私募(「募集等」)の取扱いを開始予定。ファンド営業者はいずれもCAMPFIREとなり、投資家から集めた資金を元に、各借入人に対して貸付を行う。

  • 障がい者技術育成プロジェクトファンド
  • コスメブランド研究開発ファンド
  • エチオピア環境リサイクルファンド
  • ADHDサポート教育事業ファンド