連載・コラム SERENDIP書籍ダイジェスト

中国・百度(バイドゥ)CEOが語る「AI革命」──自動運転、金融、教育と広がる汎用型AIへの挑戦

Vol.8

[公開日]

[提供元] SERENDIP

[タグ] キャリア 経営 書籍ダイジェスト ビジネス スキル

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

すべての企業にCAO(最高AI責任者)の設置を

 金融業界で、AI搭載のロボットが最初に使われたのは「信用評価」においてである。その後、AIが投資銘柄の選択などを行う「AI投資」が行われるようになった。2014年にはAIが140億ドルの資産を管理していたと言われている。

 中国でも2015年には海外のビジネスモデルによるAI投資顧問会社が出現。2016年にはAI投資に使える製品が出回り始めた。

 AI投資のカギも、やはりデータが握っている。百度の検索履歴には、株の銘柄や株式コード、およびそれに関連したものが1日平均2000万件ほどある。また、株式に関する検索の件数と、実際の株価の動きには関連性があることがわかっている。その意味で、AI投資に関しても、百度は有利なポジションにあるといえる。しかし、百度の副総裁は「投資戦略のもっとも重要な部分は言語化されにくい」と述べており、今後の課題を浮き彫りにしている。

 企業経営においても、今後AIは重要な役割を果たすに違いない。2016年11月、百度のチーフサイエンティストで機械学習の権威である呉恩達(Andrew Wu)は、すべての企業にCAO(最高AI責任者)を置くべきとする文章を発表した。彼によれば、CAOに必要な素養は二つある。一つは、複雑なデータから関連性を見つけられること。もう一つは、その場の状況でAIによるどんなサービスが必要かを判断できる能力である。

 教育分野へのAIの進出もめざましい。中国では、全国の重点中学(一般の中学校のモデルとなるよう教育環境が整備された進学校)の半数近くがAIを活用した教育を導入している。そして、そのおかげで教育効率が20%以上上昇したというデータもある。

 2016年には、米国「Wired」誌に、AIを活用した農業改革に関する記事が掲載されている。これからは、司法や医療などの専門職を含むあらゆる職業が、少なからずAIの影響を受けることだろう。中国では「インターネットプラス」政策によって、すべての産業がインターネットと切り離せなくなった。

 しかし、汎用型AIが当たり前のように活躍する「AI時代」が到来すると、2%の成功者以外の98%もの人間が路頭に迷うと言われている。それに、労働が奪われ、人としての価値が認められないとなると、生きがいを失ってしまう人が増えるのではないか。そうすると社会が不安定になるのは避けられない。そうした事態を防ぐために、AI搭載のロボットと人間の雇用比率が法律で定められるかもしれない。百度のAI開発は、そうした社会全体の動きも見定めながら進めるべきと考えている。


SERENDIP編集部コメント

 百度の自動運転車開発については、2017年から同社が主導する自動運転開発連合「アポロ計画」が立ち上がっており、トヨタ自動車やマイクロソフトなど、多数の世界有数の自動車メーカーやテクノロジー企業が参画している。おそらく、それも百度のめざすAI革命の序の口にすぎないのだろう。世界のAI開発の台風の目として、同社の動きには今後も目が離せない。また現在、情報工場では本書を邦訳出版するプロジェクトをクラウドファンディングで行っている。

書籍ダイジェストサービスSERENDIPの2週間無料試読はこちら

※本コンテンツは、㈱情報工場が出版社もしくは著者の許諾を得て作成しております。ダイジェスト本文の一次著作権は、正当な権利を有する第三者に、二次的著作権は㈱情報工場にそれぞれ帰属し、その他のコンテンツの著作権は、全て㈱情報工場に帰属します。
本コンテンツを個人利用以外で許可なく複製、転載、配布、掲載、二次利用等行うことはお断りしております。


『智能革命:迎接人工智能時代的社会、経済与文化変革』

李 彦宏 著 | 中信出版グループ | 2017/04 | 324p

書影目次
序1.「百度大脳」による序
序2.AI時代の幕開け
1.簡略史:インターネット台頭の影にあったAIの成長
2.AIの歴史的使命:人類の知識と行動と体験を増やせ
3.ビッグデータとディープラーニングの中で脱皮するAI
4.中国大脳計画:現場から始まるスーパープロジェクト
5.「智」的製造と文明のレベルアップ
6.AIによる無人世界へ:無人自動車
7.AIがもたらす恩恵の始まり
8.すべての企業にCAO(最高AI責任者)を
9.シンギュラリティ:人工知能の自らへの挑戦
10.AI時代のあなた
11.美しい新世界、そして厳しい問題

バックナンバー