Deep Percept、AI活用の余地を診断するコンサルティングサービスの提供を開始

 シンプレクスのグループ会社であるDeep Perceptは、企業の業務におけるAI活用の余地を技術的・投資対効果の観点で診断するコンサルティングサービスの提供を開始した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] AI・機械学習 事業開発

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Deep Perceptは、企業の課題や状況に応じて、AI活用の余地をクイックに診断する「AI活用 Quick Assessment」と、導入を見据え、より詳細な検討を推進する「AI活用 Due Diligence」の2つのサービスを提供する。

 このサービスの提供により、AIを活用した企業の収益向上・コスト削減のさらなる加速をサポートするとしている。