SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineセミナーレポート

最先端のデジタル技術が生産プロセスを変革する──鹿島建設の「鹿島スマート生産ビジョン」とは?

Biz/Zine Dayセミナーレポート Vol.1:鹿島建設株式会社 伊藤仁氏

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

「作業の半分はロボットと」を実現する6つのプロジェクト

 それでは、それぞれについて具体的な技術開発や施策はどうなっているのか。まず建築ロボット技術の開発について、6つのプロジェクトが紹介された。

「可搬型の溶接ロボット」

 鉄骨接合部の現場溶接の自動化を進めるべく、工場などで利用されている「可搬型の溶接ロボット」を建設現場向けに改良中だ。同社のグループ会社である「鹿島クレス」が開発協力に参加し、操作や運用も担当するという。これまで人手では困難だった梁下フランジ部の上向き溶接をロボット化することにも成功した。これにより、従来の人手作業では必要だった梁ウェブ部の切り欠きを削減することが可能となり、構造上の問題を解決することができた。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
Biz/Zineセミナーレポート連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング