ニーズエクスプローラ、「AIと特許データベースによるニーズ発掘・マッチングサービス」を開発

 ニーズエクスプローラは、新事業創出や新規顧客開拓を可能とする「AIと特許データベースによるニーズ発掘・マッチングサービス」を開発した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] AI・機械学習 事業開発

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回開発したサービスは、特許情報から「ニーズ」や「アイデア」を探し出すという全く新しいアプローチ。膨大な特許を読む事なく、効率良く人が気づかない様な課題までAIが抽出するという。

 AIを活用することによって、知財のベテランが同じ調査を目視で調査した場合と比較し、調査対象範囲と調査時間が格段に短縮でき、目視という重労働も軽減できるとしている。

主なビジネス活用例

  1. 自社の技術の新たな活用先候補を見つけ出す
  2. 現行製品の古い仕組みを最新技術(例 AI画像処理)で置き換え性能向上をはかる
  3. Society5.0など社会課題への自社技術適用の可能性を見出すなどがあります。