凸版印刷とTIS、AI×DMPの活用でデータマーケティングの意思決定を高速化

 凸版印刷と、TISは、凸版印刷が提供している「スコアリングエンジン KAIDEL(R)」と、TISが提供している「TIS Marketing Canvas データ統合・利活用プラットフォームサービス」を融合させた新サービスを共同で提供する。本サービスを活用することで、オフライン・オンラインのデータをDMPで統合・管理し、AIを用いてマーケティング施策の精度を向上させる。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] AI・機械学習

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 凸版印刷の「スコアリングエンジン KAIDEL(R)」は、機械学習の技術を用い「プロモーション反応予測」「優良化予測」「離反予測」など、顧客のさまざまな将来の見込み度を自動的に予測するデータ分析サービス。

 TISの「TIS Marketing Canvas データ統合・利活用プラットフォームサービス」は、構造化・非構造化データに関わらず、あらゆるデータを投入できるデータマネジメントサービス。プライベートクラウド環境として構築し、シンプルでセキュアなデータ利活用を実現することができる。

 この二つを融合した今回のサービスでは、複数のデータ統合・管理から、データ処理、AIによるスコアリング(予測)まで、データ価値化のプロセスをワンストップで提供。データマーケティングを推進していきたい企業の、継続的かつスピーディなデータ利活用をトータルで支援する。

 凸版印刷とTISの両社は、このサービスを金融業界、流通業界、通販業界、エネルギー業界など向けに共同で展開していくとしている。