W ventures、プレシード期の起業家サポートプログラム『W EIR』を開始

 W venturesは、2019年11月6日、プレシード期の起業家向けのサポートプログラム『W EIR(ダブリュー イーアイアール)』を開始した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] スタートアップ VC EIR

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 EIRとは、“Entrepreneur in Rsidence”の略で、起業家が特定の企業やVCで起業準備に取り組むことを指す言葉。起業家は、起業準備期間中であるプレシード期からオフィス環境や資金面などでの支援を受けることができ、事業立案に集中することが可能になる。米国シリコンバレーなどでは、比較的ポピュラーな制度として広く認知されている。

  W venturesでは、これから起業準備を始めたいと考えている学生・会社員・フリーランスを対象に、独自のプログラム『W EIR』を通して、オフィス提供や人材採用/組織/事業開発などをサポートする。

プログラム概要

  • 名称:W EIR(ダブリュー イーアイアール)
  • 期間:2019年11月6日~
  • 対象:学生・会社員・フリーランスでこれから起業準備を始めようと考えている方々
  • 申込方法:エントリーは「ここ」から