PwCコンサルティング、DXデータプラットフォーム構築支援サービスの提供を開始

 PwCコンサルティングは、企業のデジタル・トランスフォーメーション(DX)の実現を加速するために、「Office 365」におけるチーム コラボレーションのハブであるMicrosoft Teamsを従来のコミュニケーション型ナレッジ共有基盤だけでなく統合業務フロントエンドとしても活用する、DXデータプラットフォーム構築支援サービスの提供を開始した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回発表したサービスは、DXの実現にあたってプロセス、IT資産、ナレッジを可視化および最適化する「Digital Fit Service(DFS)」と、PwCの知見をファンクション別、業界別にアプリケーション・リファレンス・モデルとして提供する「Digital Growth Service(DGS)」の2つの要素で構成されている。

 DFS、DGSの提供にあたっては、Microsoft Teamsを活用してビジネスアプリケーションを統合的に利用するための統合業務フロントエンドを構築し、既存の業務データ、ログデータ、IT資産の活用を促進しつつ、DXの効果を早期に創出することを支援する。あわせて、組織全体のアジャイル変革手法の習得、ビジネスアプリケーションと補完的な位置づけとなるマイクロサービスの継続的な最適化などを支援することで、ITを軸にしたDXの実現を加速させていく。

 このサービスの第一弾として、「サプライチェーン・デジタル・トランスフォーメーション(ScDX)」、サプライチェーンの中で調達・購買に特化した「S2P・デジタル・トランスフォーメーション(S2PDX)」、「ストア・デジタル・トランスフォーメーション(SDX)」の3つの領域でDFSとDGSのアドバイザリーサービスの提供を開始した。