Biz/Zineニュース

SkyDrive、「空飛ぶクルマ」の有人飛行試験を開始

 空飛ぶクルマを開発するSkyDriveと有志団体CARTIVATORは、2019年12月に日本で初めてとなる「空飛ぶクルマ」の有人飛行試験を開始したと発表した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] スタートアップ テクノロジー

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SkyDriveは、航空機・ドローン・自動車のエンジニアが集う有志団体CARTIVATORメンバーを中心に発足した「空飛ぶクルマ」の開発・製造・販売を行うスタートアップ企業。現在、SkyDriveとCARTIVATORは、空飛ぶクルマの共同開発を行っている。

 SkyDriveとCARTIVATORは、2019年5月に豊田市と『新産業創出へ向けた「空飛ぶクルマ」開発に関する連携協定』を締結しており、1万平米の開発拠点や日本最大級の屋内飛行試験場を活用している。

 今回の有人飛行試験でSkyDriveは、屋内での飛行試験を経て、屋外飛行試験許可を取得することを目指す。飛行試験では、飛行高度・飛行形態・フェール状態・緊急着陸など様々なケースを策定し、徐々に複雑な動作/飛行をさせながら、安全性検証・操作確認・飛行実績を重ねていくという。

 SkyDriveとCARTIVATORは、2020年夏のデモフライト、2023年の販売開始を目指すとしている。