Biz/Zineニュース

DeNA、次世代型与信サービス「Rerep(リリップ)」を開発 山口フィナンシャルグループと協業

 ディー・エヌ・エー(以下、DeNA)は、次世代型与信サービス「Rerep(リリップ)」を開発し、山口フィナンシャルグループの子会社である山口銀行、もみじ銀行、北九州銀行と協業して、2020年2月4日(火)からサービス提供を開始した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] FinTech Banking4.0 信用スコア

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 リリップは、利用者の日々の行動に応じてカードローンの金利負担を低減する与信サービス。年齢や年収などのステータスではなく、利用者がリリップ上のミッションをクリアすることによって信用スコアを積み上げる仕組み。そのスコアに基づいてキャッシュバックを受けることで、金利負担が低減される。なおスコアは、利用者からリリップに提供された情報のみから算出し、利用者の許可なく協業先の銀行以外に情報提供するようなことはしないと述べている。

 今回、DeNAがリリップのサービスの企画・開発を担当し、山口銀行、もみじ銀行、北九州銀行がカードローンの提供とお客さまのミッションクリアに応じて付与されるスコアを基にキャッシュバックのサービスを提供する。今後DeNAは、リリップのサービス展開拡大のため提携拡大を行うという。

サービス概要

リリップ

リリップの特徴

リリップ