Biz/Zineニュース

KDDI、大林組、NEC、5Gで掘削・運搬・転圧など一連の道路造成工事の実証に成功

 KDDI、大林組、日本電気(NEC)は、2月3日から2月14日の間、建設中の川上ダム(三重県伊賀市)の一部施工フィールドの提供を受け、第5世代移動通信システム「5G」を活用し、3台の建設機械の遠隔操作と自動運転システムを搭載した振動ローラの同時連携に加え、工事に必要な施工管理データのリアルタイム伝送・解析による一般的な道路造成工事の施工を実施し、成功したと発表した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 事業開発 テクノロジー 5G

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 各社は、これまで複数回にわたり5Gを活用した遠隔施工の実証試験を重ね、実用化に向けた取り組みを実施してきた。今回の実証試験では、一般的な工事現場での活用を見据え、2020年2月3日から2020年2月14日まで、川上ダムの一部施工フィールドの提供を受け、5Gを活用して以下1.~4.を実施し、道路造成工事に係る一連の作業を遠隔操作、自動化で実現できることを確認した。

 この実証試験で用いた技術は、統合施工管理システムとして、将来的には、オフィスなどの遠隔施工管理室から複数の工事現場に連続してアクセスが可能となることや、一人の熟練工が複数建機、複数現場にて同時に対応できることを目指す。

  1. 5Gを活用した3台の建機の遠隔操作による掘削、運搬、敷き均しの実施
  2. 5Gを通じた、自動運転システム搭載の振動ローラによる転圧作業の施工指示、および施工結果の取得
  3. 5Gを活用したGNSSデータ伝送による施工管理
  4. リアルタイム3Dレーザースキャナによる土砂量や造成結果データの5G伝送