Biz/Zineニュース

TOA、新研究開発拠点「ナレッジスクエア」で異業種との協業による未来型ソリューションを創造・発信

 TOAは、2020年12月グランドオープン予定の研究開発拠点「ナレッジスクエア」が、さまざまな企業との共創によって実現した数々のソリューションを盛り込んだ「共創の場」として生まれ変わると発表した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 事業開発

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ナレッジスクエア」とは、TOAの研究開発拠点である「宝塚事業場」の再開発にともなう新しいビジネス拠点の総称。TOAの開発者だけでなく、ユーザーや取引先、協力会社、大学や研究所などの専門機関など、多種多様な人々が集い、新しい価値を共に創り出す「共創の場」として生まれ変わるという。

 その主要施設として新設された、開発者居室や実験設備等を備えた研究開発棟「ココラボ」では、建設、及び建物内設備の整備において、三菱地所設計をはじめ、大光電機、東和エンジニアリング、NEC、NECソリューションイノベータ、HOYAなど、専門性の高いさまざまな企業との共創が実現した。TOAの音と映像の技術と、各社が得意とする技術を掛け合わせた「仕掛け」により、これまでにない新しい価値を体感できるものとなる。

 「ココラボ」のエントランスでは、音・映像・光の演出とAIアシスタントを組み合わせた、来客者へのスマートなおもてなしの形を具現化。また、火災時の避難誘導をより安全かつ効果的に行うための「高度避難誘導システム」も提案する。TOAが考える未来のソリューションが実現する、新しい「安心」「信頼」「感動」の価値を体感できるものだとしている。

 「ココラボ」内で従業員が開発業務を行うエリアでは、顔認証・人センシング技術を活用し、安心と快適性を両立させるオープンオフィス環境を整備。また、世界中の当社拠点と常につながりリアルタイムで情報共有できる空間を設置する。このような職場のコミュニケーション活性化や業務最適化の取り組みを通して、社会課題にもなっている働き方改革を実現する、最先端のオフィスソリューションの開発・提供につなげてくとしている。