SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

リモート時代のプロジェクトの進め方

Benchmark JAPANに聞く、リモートワークとプ譜活用──プロジェクトを有機的に可視化する

第3回 ゲスト:Benchmark Japan 神田真幸氏

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

リモートで働くメンバーの業務をプ譜で“有機的”に可視化する

前田:リモートワークを行う上では、どのようなツールを使用されているでしょうか?

神田:業務連絡ツールはSlackとSkypeの2つで、通常の連絡はSlack、挨拶や雑談、急ぎの際にはSkypeという使い分けをしています。また、業務管理系ではGoogle Suite(スプレッドシート、ドキュメント、スライド、カレンダー、メール)を活用しています。顧客対応にはZendeskを使用し、米国の開発部門とのやり取り、機能の改善依頼や開発の進捗確認などにはJIRA、オンライン会議ではZoomを使用しています。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
リモート時代のプロジェクトの進め方連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング